CONCEPT

「木を見て森を見ず」という言葉がある。デザイナーが陥りやすいエアポケットだ。
新しいもの、モードなもの、どこにもないもの、そんなディティールにこだわりすぎて服作りの基本を見失ってしまうことがある。
だからいつも自らに問いかけている。

この服を着る人は、どんな音楽が好きなんだろう、どんな映画が好きなんだろう、どんな暮らしがしたいのだろうかと。
そうして着る人の生活に想いを馳せると、服の本当の存在価値が見えてくる。
毎日を自分らしく過ごせる服ができあがる。Lim homeがプロデュースするアイテムは、シンプルで気取りがない。

そう、Less is more

生き方も服も、飾らないほど豊かになるから。
服が一人歩きをするのではなく、日常のふとしたときに「これ、いいんじゃないかなぁ」と感じてもらえることが最高だと思っているからだ。
すべての人が心おだやかになれる服を、きょうも明日もあさっても、
Lim homeはつくっていく。

There is one saying “We cannot see the wood for trees”.
We sometimes look at details too much and lose the point of clothes.
So,we always ask ourselves.
“ What kind of music do our customers like ? “ “ What kind of movies do they like? “  “ How do they want to live? “
When we think of people who wear our clothes , we can find the true value of them.
The items Limhome produce are “ Less is more “
Our lives , and also clothes become rich when we make them simple .
If you could feel , “This is great “ in your daily lives ,without worrying about
What we are going to wear , that would be the best.